生活習慣病を防ぐポイント

日常生活を改善すると生活習慣病から自分を守れる

飲酒を減らし禁煙をする

お酒を飲む方は週に二日は休肝日を設けると、生活習慣病から身を守る事が可能です。
飲酒の習慣は複数の生活習慣病の原因につながる習慣になります。
喫煙の習慣がある方は禁煙を出来るように少しづつでも努力をします。
最初は減塩や酒量を減らす事から始めると成功しやすいです。

生活習慣病にかかっている方は、飲酒と喫煙の習慣がある方に多く見られます。
肺がんや肝臓がんのリスクを避けるためにも、これらの習慣をやめたり控える努力が必要です。

場合によっては禁煙などの専門の外来があるクリニックに相談をして飲酒や喫煙をやめるのは良い選択です。
生活習慣病の原因となるこれらのし好品を極力減らしたり止める事で自分の身を守る事が可能です。

定期検査で早めに生活習慣病の原因を発見

定期検査を受ける事で、生活習慣病につながる原因が早期に発見されます。
血糖値やコレステロールそして血圧など生活習慣病の原因になりやすい項目は特に注意が必要です。
指摘された項目を改善する事で、生活習慣病から身を守れます。

会社の健康診断が無い方は、自治体やかかりつけの病院で定期検査を受ける習慣をみにつけます。
自覚症状がなくても一年に一度は血液検査などを受けると安心です。
人間ドックを専門に扱っている病院に予約をして行う方法があります。
受診する項目がコースによって異なりますが、定期的に基本的な健康診断を受けるのがポイントです。
生活習慣病にかかる方が増加しているので、自分の健康状態を把握するように心がけます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ