生活習慣病を防ぐポイント

日々の運動と睡眠で生活習慣病から身を守る

充分な睡眠と摂取カロリーの調整

睡眠不足になりがちな方は生活習慣病にかかりやすくなります。
特に徹夜などをしがちな方は、睡眠時間を確保するように注意をしましょう。
睡眠が十分でない方は、血圧が上がったり太りやすくなる傾向が見られます。
あまり睡眠をとらないと間食をする事が増えるのも生活習慣病の原因になるからです。

睡眠以外に摂取カロリーに注意をして、毎日の食事をする事がポイントです。
年齢と共に基礎代謝が低くなり、若い時と同じ量を食べると肥満になりがちです。
毎日の運動量や仕事内容にあわせて、自分に必要な摂取カロリー内に収まる食事をとります。
栄養バランスを考えてカロリーを抑えるのがポイントであり、食べ過ぎない事が一番大切な注意点になります。

毎日の生活習慣を見直す

若い方にも増えている生活習慣病から自分の身を守るために、日々出来る事は生活習慣のです。
例えば甘いものを食べたり肥満傾向にある方は糖尿病になりやすいのでこれらを改善します。
塩分が高い物を好む方は高血圧になりやすいので減塩を心がけます。

運動不足の方やストレスをため込みやすい方はなるべくスポーツをしたり、体を動かす機会を増やしましょう。
寝不足になりがちな方は、規則正しい生活を心がける事が大切です。
体重の増加を防ぐには、一日に一回は体重を測る習慣をみにつけます。
かかりつけの病院を見つけて、定期検査を受けるのは重要なポイントです。
このように生活習慣病から自分の身を守る事が出来る日々の工夫はいくつもあります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ